腰痛・坐骨神経痛・股関節の痛みのご相談は西橋本パーム整体院へ 疲れ目について

疲れ目

疲れ目

パソコンやスマートフォンの普及で、近くを見続ける時間が長くなり、目の疲れを訴える人が増えている。画面の文字がかすんだり、目の奥に痛みを感じたり。こうした「疲れ目」は、どんなメカニズムで起きるのだろう。

 

疲れ目の原因

疲れ目は眼球内の筋肉などに疲労が蓄積するのが原因。
疲れ目になると、ピント調節がしにくくなったり、充血やドライアイを引き起こしたりする。
症状が軽い場合、ぐっすり眠れば回復するが、酷使すると症状が改善しにくい「眼精疲労」となる。

 

近くを見続けると目の筋肉が疲労するのは、なぜか?
眼の構造はアナログのカメラと似ており、角膜から入った光はレンズに相当する水晶体で屈折し通常はフィルムの役割を果たす網膜で焦点を結ぶ。
ここから視神経を通って光の情報が脳に伝わる。
網膜で焦点を結ぶためのピント調整は毛様体筋と呼ばれる筋肉によって、水晶体を厚くしたり薄くしたりする事で行われる。近くを長時間見ていると、この毛様体筋が緊張し続けて疲れ、目の筋肉疲労が起こる。

 

また、「外眼筋」と呼ばれる眼球の周りの6本の筋肉も疲れやすい。
視線を上下左右に動かすための筋肉で、パソコンで長時間作業するなど、ものを一定の距離で、姿勢を変えずに見続けると硬くなる。

 

疲れ目が進行して眼精疲労になると、ストレスになり、不眠やうつ症状など目以外の深刻な症状に発展することも少なくない。

 

疲れ目予防のストレッチ

同じ距離の所をジーっと見ていると毛様体筋・外眼筋は筋疲労を起こす。
予防のために筋肉を伸張させて動かしてあげる事が重要。
眼球をグルグル回したり、寄り目をする事で目のストレッチになる。
目を使う作業や仕事をしている時は途中でストレッチを行い目を休ませてあげましょう。

 

目薬について

疲れ目のため、市販の目薬を使う人も多いだろう。
市販薬は様々な症状に対応するため、複数の有効成分が配合されている事が多い。
効能に直接関係しない添加物も含めてパッケージに記載されており、成分や効能を理解して選びたい。
適切な使用方法を守る事も大切で使用方法によっては逆効果となる場合もある。
注意したいのは、血管収縮剤「塩酸テトラヒドロゾリン」を使った目薬。
あまりにも頻繁に使うと、充血を抑制する効果の持続時間が短くなる。
また、効果が切れるとかえって血管が拡張し、症状が慢性化する恐れがある。
また、殺菌作用の強い防腐剤「ベンザルコニウム塩化物」を配合した市販薬は、目の細胞に障害を与えてしまう恐れがあるため、1日の用量を守ることが大切。

 

市販薬は疲れ目を根本から治すものではない。
また、疲れ目の原因も、度の合わない眼鏡を使っている場合など様々なため症状が続く場合は眼科の受診も必要。

 

 

お問い合わせ

「西橋本パーム整体院」のホームページにお越し頂きありがとうございます。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 料金 プロフィール お客様の声 アクセス Q&A お問い合わせ