腰痛・坐骨神経痛・股関節の痛みのご相談は西橋本パーム整体院へ 坐骨神経痛について

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは?

 

主に臀部から足にかけて痛みやしびれ、つっぱりなどを感じる疾患・病態を総称して坐骨神経痛と言います。
坐骨神経痛といっても疾患に種類があり、症状や病態も様々になります。
症状としても
横になって安静にしていても痛い
歩いたり動くと痛い
座っていたり立っていると痛い
腰を反らせると痛い
痛みだけでなく、しびれ・つっぱりを伴うものや足の感覚が鈍い感覚異常や力が入らない脱力をきたす場合もあります。

 

 

なぜ、起こるの?坐骨神経痛の原因

椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
梨状筋症候群
腰椎すべり症
脊髄症
椎間孔狭窄症
後縦靭帯骨化症
黄色靭帯骨化症
黄色靭帯肥厚症
大腿神経痛
上殿皮神経痛
外側大腿皮神経痛
閉鎖神経痛

 

背骨から出て腰から足に行く神経には種類があり、そのうちの一つに坐骨神経がある。
神経が背骨の変形、靭帯の肥厚、靭帯の骨化、椎間板(髄核)の突出、腰椎のすべり、椎間孔の狭小化によって圧迫が起こる事や筋肉によって神経が絞扼され神経痛を生じる疾患で、圧迫や絞扼の部位や状態にって疾患名がつけられます
上記の疾患があり、中でも坐骨神経痛を起こす代表的なものとして椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群があげられる。

 

椎間板ヘルニア

背骨の椎骨と椎骨の間にはクッションのために軟骨の椎間板が存在する。
この椎間板の中には髄核というゼリー状の組織が存在し、この髄核は背骨に圧力がかかる事で斜め後方に突出する事がある。
これが神経根を圧迫し刺激をする事で神経痛を起こす。
腰・背骨を曲げる前屈で椎間板前方が圧がかかると髄核は後方に押し出されるため、前かがみでの仕事や作業が多い方ほどヘルニアを起こすリスクは高く比較的若い20代〜40代で起こる事が多い。
鑑別方法としては前屈時の鋭い痛みや仰向けで足をまっすぐ上にあげるSLRテストで神経痛の再現がみられる。
レントゲン検査では神経や軟骨は写らないためMRIやCTで神経の圧迫レベルを確認する必要があります。
まれに、検査時はヘルニアが一時的に戻っており写らない事もあるため、しっかりと検査をするためには背骨に圧をかけた上で画像検査をしなければなりません。

 

脊柱管狭窄症

背骨の中には神経の通り道である脊柱管があり、この脊柱管の中を脳からでた神経の脊髄が通っている。
この脊柱管に骨棘(骨のトゲ)、椎間板の変形、背骨を支える靭帯の肥厚が起こると脊柱管が狭くなり神経を圧迫し神経痛を起こす。
骨棘や椎間板の変形、靭帯の肥厚は加齢による事が多く、脊柱管狭窄症は60代以降に発症する事が多い。
腰を伸ばして立っていたり、長時間歩くと脊柱管が狭くなり痛みを感じ腰を曲げると脊柱管の圧迫が減るため座ったり前かがみになると痛みが減る。
歩くと痛みで歩けなくなり、少し休むと痛みがなくなり歩けるようなるといった状態をくり返す間欠性跛行が特徴。
脊柱管の狭窄はレントゲンでは写らないため、MRIやCT検査で神経の圧迫レベルを確認する必要があります。

 

梨状筋症候群

お尻の筋肉である梨状筋が固くなる事で下を通る坐骨神経を絞扼する疾患。
通常では、筋肉が柔らかく柔軟性があれば神経の絞扼は起こらないが、梨状筋が固い状態で筋肉が伸張されると筋肉によって神経が締め付けられ神経痛が起こる。
お尻から太もも、ふくらはぎやすね、足先にかけて痛みやしびれを感じる。
ガニ股歩きのクセがある方や足首や膝が悪く、お尻の筋肉に負荷のかかる歩き方をしている方に起こりやすい。
梨状筋症候群はレントゲン、MRIやCT検査での判別は難しく、股関節を内側に捻り梨状筋を伸張さ神経痛の再現があるかを検査する。

 

注意が必要な坐骨神経痛

痛みやしびれ以外に脱力して足の力が入らない場合や尿の出が悪い、尿漏れをがあるような場合は神経の圧迫が重症のため、すぐに整形外科での検査が必要。
稀に脊髄腫瘍、骨盤内腫瘍の症状として坐骨神経痛が起こる事もあるので最低限レントゲン検査は受けた方が良いでしょう。

 

 

坐骨神経痛を改善するには

神経の圧迫や絞扼が起こっているという事は、その部分に負荷がかかっているために起こっているという事。
筋膜整体では体の動きやバランス、筋肉の緊張・筋膜癒着を調整する事で神経の圧迫が起きている部分の負荷を減らして神経痛を軽減させていきます。
ヘルニアは軟骨が後方に突出しているため、飛び出た部分が戻るような専用の運動も行っていきます。
脊柱管狭窄症は背骨が伸ばしずらくなっているので、股関節を動きやすくする事で背骨のストレスを減らしていきます。
梨状筋症候群は筋肉が固く柔軟性が低下し神経が絞扼されやすい状態になっているため、筋肉の柔軟性を取り戻していきます。

 

一般的なマッサージやリラクゼーションに比べると、筋膜整体はグイグイ揉んだりバキバキする事もないため、受けた方は「ソフトな刺激」と思われる方が多い様です。

 

 

お問い合わせ

「西橋本パーム整体院」のホームページにお越し頂きありがとうございます。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 料金 プロフィール お客様の声 アクセス Q&A お問い合わせ