腰痛・坐骨神経痛・股関節の痛みのご相談は西橋本パーム整体院へ 肩こりについて

肩こり

肩こり

 

肩こりとは、首や肩、肩甲骨周囲の鈍痛、張り、不快感または筋肉の緊張や硬さがみられる状態を総称して肩こりと呼びます。

 

肩のこりを訴える方の感覚としては
首や肩がこる。張る。
痛みを感じる
ずーんと重い
固まっている
首肩が回らない
肩が上がっている
など、感じる症状も様々で程度や症状の度合いも異なります。
また、肩こりに伴う症状として頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、眼精疲労、手のしびれなどもみられる場合があります。

 

 

なぜ、起こるの?肩こりの原因

@筋膜の癒着(肩こりタイプ)
A筋膜の癒着(首こりタイプ)
B神経の圧迫

 

筋膜の癒着(肩こりタイプ)

肩こりの最も多いタイプであり、体の使い過ぎで疲労が強い・肩をすくめる様に緊張させている姿勢の方に多く、肩・肩甲骨周囲の筋肉が過緊張を起こし、筋膜の癒着状態となり肩甲骨の動きが悪くなります。
そのために、肩への負担が大きくなり症状として肩こりが起こります。

 

このタイプの姿勢の特徴としては、肩が上がって肘を曲げたまま固くなっているため常に肩や背中の筋肉が緊張しており、肘も伸ばしづらくなっている。
肉体労働での力仕事やデスクワークでも体を緊張させて力が入っている方に多くみられ、日常的に筋肉が炎症を起こしている状態のため、肩をつまむ様に触ると僧帽筋の緊張が強く筋膜癒着を起こしているのでわかりやすい。

 

 

筋膜の癒着(首こりタイプ)

このタイプは運動不足や筋肉が少ない・精神的ストレス・などによって首の筋肉は過緊張を起こし、筋膜の癒着状態となり首の動きが悪くなります。
そのために、首への負担が大きくなり症状として肩こりが起こります。

 

このタイプでは運動不足のために筋肉が少なく、姿勢が悪いのが特徴。
運動不足な方は運動習慣のある方に比べて、筋肉量が少なく筋疲労が溜まりやすく悪い姿勢となる。
パソコンやスマホを使う際など背中を丸め、首・頭部が前方移動しストレートネックといった頸椎が真っ直ぐになった悪い姿勢となる。
また、姿勢の問題に加え、日常的に精神的な緊張や無意識により首を緊張させている場合が多い。
首の前面にある胸鎖乳突筋や斜角筋といった筋肉が緊張し筋膜癒着を起こしているのが触診でわかる。
(※首こりタイプでは触ると肩のこりは少ない)
肩こりに伴って頭痛や睡眠不足、歯ぎしりなどが見られるのも特徴

 

 

神経圧迫による肩こり

肩こりだけでなく、腕にかけての痛みやしびれなどもみられるため、症状が強く主に首から腕や肩、背中に向かう神経が何らかの原因により圧迫される事で起こる。
主には神経が圧迫される部位により3つに分けられる。
@脊髄の圧迫
A神経根の圧迫
B神経走行中の圧迫または絞扼(筋肉などによる締め付け)

 

神経圧迫を起こしているため、整形外科・神経内科でレントゲンやMRIで頸椎周囲の精密検査が必要。
シップ・痛み止め、首の牽引療法などが治療の主体で神経の圧迫が重症の場合、手術となる。
手術が必要な場合、整体施術は不適応だが、手術をするまで重症になる手前であれば、整体療法での症状改善も期待できる。

 

病名としては以下の物が挙げられる
頚髄症
脊髄症
変形性頚椎症
頸椎椎間板ヘルニア
頸椎症性神経根症
後縦靭帯骨化症
黄色靭帯骨化症
黄色靭帯肥厚症
頚肋症候群
斜角筋症候群
むち打ち症
などが上げられます。

 

 

注意が必要な肩こり

肩こりの中では少ない部類ではある物の虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)では左肩、肝臓の疾患では右肩、胃の疾患での肩甲骨から背中にかけて肩こりを感じる事が知られているため、内臓疾患の初期症状として出現する場合もあり注意が必要である。
また、内臓疾患ではないものの歯の疾患や顎の不調、度が合わない眼鏡の使用などでも肩こりが起こる場合があります。

 

 

肩こりを改善するには

肩こりのほとんどは筋膜癒着によって起こるため、筋膜の調整により肩こりの改善は可能になります。
内臓疾患・神経の圧迫がある場合には、原因部分の状態を確認した上で問題の改善が必要になる。
筋膜の調整では、首や肩の局所だけでなく、腕から胸、顎など関係する部分の状態を全体的にチェックした上で肩こりを感じる所を重点に施術を行います。
一般的なマッサージやリラクゼーションに比べると、筋膜整体はグイグイ揉んだりバキバキする事もないため、受けた方は「ソフトな刺激」と思われる方が多い様です。
しかし、治療後は首や肩甲骨の動きは良くなり、治療前は重かった肩もすっきりと軽くなります。

 

 

お問い合わせ

「西橋本パーム整体院」のホームページにお越し頂きありがとうございます。

 

 


肩こり記事一覧

かみしめ症候群

肩こりとかみしめ症候群人は赤ちゃんの時はミルクがこぼれない様、口には吸う動きをする筋肉が発達しています。しかし、成長していくにつれて吸うことではなく噛む動きがメインとなり咬筋という筋肉が発達していきます。この噛む筋肉が、からだの痛みやこり(特に頭痛や肩こり)にとても関係が深いのです。人間はストレスを...

≫続きを読む

 

かみしめと呑気症

かみしめと呑気症噛みしめ症候群の方の中には呑気症を併発している場合があります。呑気症は食事や唾を飲み込む際、一緒に空気を多量に飲み込むことで胃腸に負担をかけて様々な症状をきたす様になる。呑気症の症状呑気症を併発している場合、げっぷ・オナラが多い胃腸の不快感、お腹が張るなどの内臓の不快感などが見られま...

≫続きを読む

 

肩こりと呼吸

肩こりと呼吸肩首こり、頭痛などを訴える方の多くは上手く呼吸が出来ずに浅い呼吸になっている事があります。そのために、首肩のコリを引き起こしている場合があります。呼吸が浅くなる原因呼吸が浅くなるのは、いくつかの理由で起こります。人は何も考えずに呼吸をしていますが、これは肺や心臓また肋骨や呼吸筋といった機...

≫続きを読む

 

疲れ目

疲れ目パソコンやスマートフォンの普及で、近くを見続ける時間が長くなり、目の疲れを訴える人が増えている。画面の文字がかすんだり、目の奥に痛みを感じたり。こうした「疲れ目」は、どんなメカニズムで起きるのだろう。疲れ目の原因疲れ目は眼球内の筋肉などに疲労が蓄積するのが原因。疲れ目になると、ピント調節がしに...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 料金 プロフィール お客様の声 アクセス Q&A お問い合わせ