腰痛・坐骨神経痛・股関節の痛みのご相談は西橋本パーム整体院へ ぎっくり腰について

ぎっくり腰

ぎっくり腰

重い物を持ったりした時などに腰を痛めた場合の腰痛をぎっくり腰とイメージしていると思います。
しかし、ぎっくり腰は急性腰痛症(急に痛くなる腰痛)のうちの一つであり、急性腰痛症にはぎっくり腰以外にもいくつか種類があります。
このページではぎっくり腰だけでなく、他の急性腰痛症について説明をしていきます。

 

なぜ、起こるの?急性腰痛の原因

@ぎっくり腰(筋・筋膜性腰痛、椎間関節性腰痛)
A腰椎椎間板ヘルニア
B腰椎圧迫骨折
C腰椎疲労骨折
急な腰痛を起こす疾患はぎっくり腰だけでなく、上記の様なヘルニア・圧迫骨折・疲労骨折により起こります。
普段から姿勢が悪かったり体が固いと疲労が溜まりやすく、筋肉(筋膜)・関節・神経・骨に負担が蓄積して痛みの原因となる。

 

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは急な腰痛全般の総称であり、正式な病名としては筋・筋膜性腰痛や椎間関節性腰痛と呼ばれる。
疲労の蓄積した状態で重い物を持つ際など大きな力が腰にかかる事で筋肉・関節に負担がかかり筋肉や関節に炎症が起こる。
炎症が起こるとダメージを受けた部分を治癒させるために、体の防衛反応として炎症物質が溜まります。
この炎症物質が激痛の原因となるのです。
重い物を持った際など「ギクッと」急に起こる事もあれば、何もしていないのに朝布団から急に起き上がれなくなったという場合もあります。
また、痛みの程度も軽症であれば違和感ぐらいで日常生活は普通に出来るが、重症では起き上がれない、立っても一人で歩けず家の中を這って移動したり家族に支えられて歩くなど様々である。
典型的なぎっくり腰では、寝返りや起き上がりが痛く、頑張って立ち上がると腰を伸ばすと激痛のためやや前かがみの状態で歩くようになります。
腰を動かすと痛いため、靴下やズボンを履いたりができなくなります。

 

普段の悪い姿勢や仕事、家事による疲労の蓄積により腰に負担がかかる事で起こりやすく腰に疲労を感じる時は前兆のため、睡眠や栄養をしっかり取って予防をする様にしましょう。
また、季節の変わり目で朝晩冷える時期や湿気の多い時期は、血液循環が悪くなり筋肉が固まる事でぎっくり腰が起こる確率が高くなるため、お風呂で温めるなどの予防が大事になります。

 

腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアは椎間板の中にある髄核と呼ばれる組織が椎間板から突出する事で神経を刺激する状態で、急に腰が痛くなる代表的な疾患である。
ぎっくり腰を短期間にくり返す場合や腰の痛みだけでなく足に痛みやしびれを感じた場合は、単なるぎっくり腰ではなくヘルニアが原因となってぎっくり腰の様な痛みを感じている場合があります。
デスクワークや前かがみ姿勢で作業をされる仕事を就いている方に起こりやすく、20〜40代など若年時に多くみられる。
最近の研究で飛び出したヘルニアの多くは自然と細胞が食べてくれるため、自然治癒できる事がわかってきているが飛び出したヘルニアが大きかったり再発を繰り返す場合は、早期改善のためにヘルニアを除去する手術が行われる。
ぎっくり腰を繰り返していたり、足のしびれや痛みを伴う場合は注意が必要。

 

 

腰椎圧迫骨折

圧迫骨折は高齢者に多くみられる疾患で、骨粗鬆症で骨が脆くなっている所に腰の骨に圧迫される力が加わる事で腰の骨が潰れる骨折を起こす疾患。
尻もちをついた際に骨折を起こす場合が多いが、稀にはっきりとした原因はないが、前かがみで草むしりをしたり中腰姿勢で掃除機をかけるなどの日常生活の中でじわじわと腰の骨に負担がかかり圧迫骨折が起こる場合もある。
寝返りやベッドでの起き上がりが激痛で、そのわりには普通に立っていたり歩いたりするのには痛みが少ないのが特徴。
治療には骨折部分への刺激を減らすために、腰から胸まで広く覆う専用のコルセットを着用する。
骨折部分が治癒をしたらコルセットは外し、骨粗鬆症のある方は骨を強くする治療のために、薬を服用したり注射を行う。
また、骨折によって骨の圧迫が強い時は骨に直接、医療用セメントを注入して骨の形を戻す手術もある。
高齢で尻持ちをついて腰が痛くなった場合は注意が必要。

 

 

腰椎疲労骨折

圧迫骨折とは違う部位の腰の骨の骨折として腰椎分離症、腰椎肋骨突起骨折などの疲労骨折があげられる。
腰椎分離症は中学・高校の運動部で部活をやっている生徒に多く、腰の骨が成熟する前に負担がたまり骨折が起こる疾患。
腰椎肋骨突起骨折は腰を打撲するような衝撃を受けた時などに、腰の肋骨突起という部分が折れる疾患。
これらの骨折にはレントゲン検査が必要だが、骨折の部位によってはレントゲン検査では見えず、MRI検査やCT検査でないと診断が難しい事もある。
骨折が判明した場合、部活など運動は骨がつくまでは禁止でコルセットや保護ギプスで固定をする。
部活で運動をしていたり、腰をぶつけてから痛みが続く場合は注意が必要。

 

 

注意が必要な腰の痛み

これまで説明した疾患は骨や関節・筋肉が原因で腰痛が起こっていますが、内臓の病気によって腰痛が起こる疾患も存在します。
主に尿管結石、腎盂腎炎、胃十二指腸潰瘍、子宮内膜症、がん転移、膵炎などがある。
通常、ぎっくり腰の場合、腰を動かすと痛みがあり横になったり楽な姿勢をとると痛みが緩和します。
しかし、内臓の病気による腰痛は姿勢によって痛みが緩和する事はないため、横になったり安静にしていても痛みが続いたり段々と痛みが悪化していきます。
その様な場合はすぐに病院に直行するか、あまりにも痛みが強い場合は救急車を呼びましょう。

 

 

ぎっくり腰を改善するポイント

コルセットを装着

腰への負担を減らす事で早く痛みは治まっていきますので、コルセットや骨盤ベルトが有効になります。
処方をしてもらうか自分でドラッグストアで購入しましょう。
ぎっくり腰を起こしてから1〜2週間は装着して、痛みがひいて日常生活に問題がなければ外して構いません。
痛みが減ってからも使用している方もいますが、それでは逆に腰を支える筋肉が弱ってしまいますので、なるべく早めにコルセットは外して体を動かすようにしましょう。

 

 

安静にする

ぎっくり腰の痛みは「これ以上動いたら、もっと痛くなってしまうよ」という体からのサインになります。
痛いのに無理をして動くと余計に痛みが強くなる可能性があります。
痛みがひくまでは、なるべく安静にして無理のない範囲で動いて下さい。
動けないぐらい痛い時は仕事も無理に出勤せずに休みを取りましょう。

 

また、安静にする時は横向き寝て痛い側(痛みの強い側)を上にして休んで下さい。
その際に両膝を軽く曲げ、腰を丸くして膝の間にクッションを挟むと更に楽になります。
この姿勢で腰にかかる負担を減らし、炎症を引かせることで早く痛みがひいていきます。
また、安静にするために柔らかいソファーでどっしりと座る方もいますが、腰が沈むと腰椎にかかる圧が大きく痛みが悪化します。座って安静にする時はお尻から腰の部分にクッションを当てて深く座らない様にしましょう。

 

 

腰を温める

痛い所は炎症物質が滞っている状態ですので、温めて血流を良くして炎症物質を流すことも有効になります。
お風呂に入れる場合はゆっくり湯船につかる様にしましょう。
稀に温める事で血管が刺激され痛みが強くなる場合もあるため、もし痛みが強くなる時は保冷剤や氷水で冷やすようにしてください。

 

 

まとめ

ぎっくり腰を含めた急性腰痛症を起こす疾患はたくさんあり、内臓の病気でもぎっくり腰の様な痛みを起こす事がある。
そのため、ぎっくり腰かどうかの鑑別が大事になります。
じっとしていても痛かったり、痛みが段々と悪化するときは病院を受診しましょう。
ぎっくり腰の多くは、激痛が2〜3日は続きますが、ほとんどの場合3日〜1週間で痛みが治まります。
遅くても2週間で痛みは治まり日常生活に問題なく普通に動けるようなります。
最初は動けない程の激痛であっても時間と共に痛みはひいていきますので、痛くても焦らないようにしましょう。
無理をして仕事や家事をすると、痛みが長引いてしまうため動くのはセーブして安静・休養をとる様に心掛けてください。
動ける様になってきたら痛くない範囲で少しずつ、日常の仕事や家事に復帰してください。

 

 

お問い合わせ

「西橋本パーム整体院」のホームページにお越し頂きありがとうございます。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 料金 プロフィール お客様の声 アクセス Q&A お問い合わせ