腰痛・坐骨神経痛・股関節の痛みのご相談は西橋本パーム整体院へ ぎっくり腰について

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は突発的の起こった腰痛を表すために一般的に用いられている通称で正式名称は「急性腰痛症」といいます。
このページではぎっくり腰の原因から治るためにポイントや他の疾患との鑑別について説明をしていきます。

 

 

ぎっくり腰の原因

痛みのもとは、筋肉や筋肉を覆う筋膜、腰椎の関節に起こった炎症などで腰を動かした時に痛みを感じる。
多くは痛みを感じる前から日常的に腰にストレスがかかっている状態で、重い物を持ったり捻った際に腰の筋肉や筋膜、関節がダメージを受けると発症します。
重い物を持った際などに「ギクッと」腰の骨がずれる様な感じがする事もあれば、起き上がりや立ち上がる時に固まって急に動けなくなったという場合もあります。
典型的なぎっくり腰では、痛みをかばう防御反応により腰を曲げたり伸ばしたり、寝返りや起き上がり、靴下やズボンを履いたりの動きがができなくなります。
また、ひどい場合には起き上がって歩けず家の中を這って移動したり支えられて歩くなどの場合もあります。

 

ぎっくり腰は炎症により神経が興奮して過敏な状態になっているため、とても強い痛みを感じます。
ただし、骨折やヘルニアなどとは違い骨や神経などの損傷はないため痛みが強くても長引く事はなく、数日から長くても1〜2週間程度で過敏になった神経の興奮が鎮まれば痛みは落ち着いて回復します。

 

ぎっくり腰に似た疾患

@腰椎椎間板ヘルニア
A腰椎圧迫骨折
B腰椎疲労骨折
急な腰痛を起こす疾患はぎっくり腰だけでなく、上記の様なヘルニア・圧迫骨折・疲労骨折などでも起こります。

 

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは椎間板の中にある髄核と呼ばれる組織が飛び出る事で神経を刺激して腰痛を感じある疾患です。
ぎっくり腰がなかなか治りにくかったり座骨神経痛を伴っている場合は、単なるぎっくり腰ではなくヘルニアが原因となってぎっくり腰の様な痛みを感じている場合があります。
デスクワークや前かがみ姿勢で作業をされる仕事を就いている方に起こりやすく、20〜40代に多くみられる。
ヘルニアが大きかったり再発を繰り返す場合は、早期改善のためにヘルニアを除去する手術が行われる場合があります。
ぎっくり腰の治りが悪い場合や、足のしびれや痛みを伴う場合は整形外科での検査が必要です。

 

腰椎圧迫骨折

圧迫骨折は高齢者に多く、骨粗鬆症で脆くなっている背骨が尻もちをついた際などに潰れて骨折を起こす疾患。
多くは転倒して尻もちをついた際に骨折が起こりますが、稀にはっきりとした原因はなく、前かがみで草むしりをしたり中腰姿勢で掃除機をかけるなどの日常生活の中でじわじわと腰の骨に負担がかかり圧迫骨折が起こる場合もある。
寝返りやベッドでの起き上がりが激痛で、そのわりには歩いたりするのには痛みが少ないのが特徴。
治療は腰から胸まで広く覆う専用のコルセットを着用し、骨粗鬆症のある方は骨を強くする治療のために、薬を服用したり注射を行う。
また、骨折によって骨の圧迫が強い時は骨に直接、医療用セメントを注入して骨の形を戻す手術もあります。
高齢で転倒したり、尻持ちをついてから腰が痛くなった場合は注意が必要。

 

腰椎疲労骨折

圧迫骨折とは違う部位の腰の骨の骨折として腰椎分離症、腰椎肋骨突起骨折などの疲労骨折があげられる。
腰椎分離症は中学・高校の運動部で部活をやっている生徒に多く、腰の骨が成熟する前に負担がたまり骨折が起こる疾患。
腰椎肋骨突起骨折は腰を打撲するような衝撃を受けた時などに、腰の肋骨突起という部分が折れる疾患。
これらの骨折は骨折の部位によってはレントゲン検査では見えず、MRI検査やCT検査でないと診断が難しい事もあります。
骨折が判明した場合、部活など運動は骨がつくまでは禁止でコルセットや保護ギプスで固定をする。
部活で運動をしていたり、腰をぶつけてから痛みが続く場合は注意が必要。特に中高生の急性腰痛はレントゲンで骨の状態を確認しましょう。

 

ぎっくり腰を改善するためには

コルセットを使用

腰への負担を減らす事で早く痛みは治まっていきますので、コルセットや骨盤ベルトが有効になります。
病院で処方をしてもらうか自分でドラッグストアで購入しましょう。
痛みがひいて日常生活に問題がなければ外して構いません。
痛みが減ってからも使用している方もいますが、それでは逆に腰を支える筋肉が弱ってしまいますので、動けるようになったらコルセットを外しましょう。

 

無理をしない

ぎっくり腰の痛みは「これ以上動いたら、もっと痛くなってしまうよ」という体からのサインになります。
痛いのに無理をして動くと余計に炎症や痛みが悪化する可能性があります。
特に最初の2、3日は腰の炎症が強いため、仕事も無理せずに休みを取りましょう。

 

また、横になる時は横向きに寝て休んで下さい。
その際に両膝を軽く曲げ、腰を丸くして膝の間にクッションを挟むと更に楽になります。
横向きよりも仰向けが楽な方は膝の下にクッションを入れて少し膝を曲げて休むようにして下さい。

 

治療を受けましょう

整形外科、整体院でぎっくり腰の治療が受けられますので受診をしましょう。

 

整形外科

痛み止めの薬やコルセットが処方してもらえる
注射、電気、温熱など物理療法が受けられる

 

整体院

筋肉や筋膜、背骨を調整する整体が受けられる

 

ぎっくり腰かと思っていたらヘルニアを起こしていたり骨折をしていた。なんて事もあります。
じっとしていても痛い場合や横になって起き上がれない程痛い場合はヘルニアや骨折の可能性もありますので、レントゲン検査のために整形外科を受診しましょう。
痛みがあってもそこまででない場合や整形外科の治療だけでは治りが悪い時、再発予防のケアを受けたい時は整体での施術がおすすめです。

 

繰り返すぎっくり腰の予防

体の疲労が蓄積して疲れている時は、睡眠や栄養をしっかり取って疲労を回復する様にしましょう。
季節の変わり目で朝晩冷える時期やエアコンの効いた室内に長時間いると血液循環が悪くなりますので、衣服で体を冷やさない事やお風呂で温めるなどの予防が大事になります。
また、姿勢が悪く腰が曲がっていたり反り腰があると、背骨の軟骨や関節を傷めて変形性腰椎症や腰椎不安定症といったぎっくり腰のリスクが高い状態になります。
床の物を拾ったり、洗顔で前かがみをする際は腰を曲げるのではなく、腰をまっすぐのままお尻を引いて腰を落とすようにしましょう。
腹圧と言って背骨を支える体幹筋の力が弱いと姿勢が悪くなりますので、腹式呼吸やお腹をひっこめる運動で体幹筋をつけましょう。

 

まとめ

ぎっくり腰はきちんと対処をすれば治る疾患です。
最初は動けない程の激痛であっても時間と共に痛みはひいていきますので、過度に心配しないようにしましょう。
ぎっくり腰の多くは、激痛が2、3日続きますが、ほとんどの場合は1〜2週間で痛みが治まり問題なく動けるようなります。
痛みが強い時は休養をとる様に心掛け、動ける様になってきたら少しずつ、日常の仕事や家事に復帰してください。
時間が経っても痛みが取れなかったり、ぎっくり腰を繰り返し起こしている様な場合は根本的な原因がありますので、その際は整体で姿勢や体の動きを整える必要があります。
なかなか治りにくい場合やぎっくり腰を繰り返し起こす場合には、当院にご相談ください。

 

お問い合わせ

「西橋本パーム整体院」のホームページにお越し頂きありがとうございます。

 

 



ホーム RSS購読
トップ 料金 院長ご挨拶 アクセス Q&A